飲み比べPR「八代味噌」おいしいね!

味噌の味比べを楽しむ来店者

味噌の味比べを楽しむ来店者

菜さい来んさい!三田川店は12月6日、「八代味噌」の味比べ試食PRを開きました。

八代味噌はJA周南八代加工所が製造し、JAの直売所で販売しています。2014年には周南市から「しゅうなんブランド」に認定されました。

三田川店近くの公益財団法人周南市ふるさと振興財団が運営する「ふるさと産品の店こあ」でも販売していますが、同店が12月末で閉店するため、販売強化として試食PRを実施しました。

店頭で職員が、米、麦、合わせ、玄米の4種類の八代味噌でみそ汁を作って来店者にふるまいました。来店者は、それぞれの味の違いを楽しみながら、飲み比べました。

70代の女性は「玄米の味噌は珍しいですね。健康的で味も深みがあっておいしい」と嬉しそうに話しました。

八代味噌は、普段1㌔で販売していますが、この日はPR用に500㌘(玄米のみ400㌘)入りを270円で販売しました。試食は好評で、計100袋が約2時間で完売しました。

西部営農センターの山下和昌業務課長は「特産品を扱う店がなくなるのはさびしいが、積極的な情報発信で、消費者へのPRと地元農産物・加工品の生産拡大につなげたい」と力強く語りました。