「鹿野こしひかり」で焼き立てパン!

新米がおいしいこの季節にしか食べることのできないパンがあると聞き、周南市河東にあるパン屋『campagne(カンパーニュ)』を訪ねました。

『campagne(カンパーニュ)』では、こだわりの自家製天然酵母を使用した様々な焼き立てパンが楽しめます。

その中でも今の時期注目なのが鹿野こしひかりで作る酒種を使用した「酒種 パン・ド・ミ」です。

焼き立ての酒種パン・ド・ミを持つ則竹さん

焼き立ての酒種パン・ド・ミを持つ則竹さん

しっとりしていてやわらかく、もっちりしているところは米の特徴がよく出ています。お酒造りと一緒で、酵母は暑さに弱いので、新米がでる季節からゴールでウィーク頃までしか店頭には並ばないため、この時期を楽しみにしているお客さんも多いといいます。

酒種パンを作り始めたのは約10年前からで「JA周南の職員との繋がりがきっかけだったんですよ」と話すのは店主の則竹百合子さん(58)。当時作りやすくて特徴のあるパンを作りたいと考えていたところに、鹿野のこしひかりを勧めてもらい作り始めました。「旬のものを旬の時期に使うと酵母も元気でパンもおいしくなります。新鮮さはとても重要ですね」と則竹さんは話します。

鹿野こしひかりを使った酒種

鹿野こしひかりを使った酒種

則竹さんは酒種以外にもビールやレーズン、リンゴやバジルといった食材を使用して自家製天然酵母を作っています。イーストを使用したパンには無い、オリジナルのパンが作りたいという思いから、天然酵母にこだわったパン作りを追及しています。則竹さんは「農作物だから酵母の出来が左右されることもあります。そこが大変なんですが、今後もいろんなもので酵母を作っていきたい」と自分らしいパン作りを目指します。

こだわりの天然酵母を使用した、この時期にしか味わえない「酒種 パン・ド・ミ」を是非ご賞味ください。12月にはクリスマスを前にシュトーレンが店頭に並びますよ。お楽しみに!

天然酵母のパンが並ぶ店内

天然酵母のパンが並ぶ店内

『campagne(カンパーニュ)』

 

周南市河東4-15

TEL:0834-31-2056

営業時間: 午前11時~午後6時(商品がなくなり次第終了)

営業日:火曜~土曜日 ※日・月・祝日はお休み、ご予約承ります。